就活の進め方という、当たり前のことを今一度確認しよう・・・・(p.32自己分析の意味)

就活が本格化する年明け。

ほとんどの人は初めて行う就活だと思いますが、そもそも何から手を付けてよいのかわからないというのが実際でしょう。

 

就活サイトや先輩の話などを断片的に聞いているだけだと、ただ焦るだけで実際に必要な対策は進みません。

まずは「戦略的就活」実践という目標をあらためて確認しましょう。

 

「必要なことを行い」

「不要なことを避ける」

これだけです。

 

要は何が必要で、何が不要なのかを見極める目を持たなければ、単にインターネット上のウワサや書き込みに踊らされるだけ。

「リアルには真実が無い」なんて、「ニュースはすべてフェイクだ」と、自分にとって不都合な事実を覆い隠せるだけの大統領にでもならない限り、子供じみたあまりにもバカバカしい考え方です。

 

戦略的就活ではお説教や根性論といった無意味な精神修養は極力排除します。しかし一見遠回りに見えたり、今風にいえば「コスパが悪い」ように見えるようなことも、ビジネス経験のない学生ではなく、冷徹なビジネスの視点からは決してコスパが悪くないことを提言することはよくあります。

筆者が人事経営コンサルタントであるため、学生の視点ではなくビジネスの視点、企業の考え方にのっとってお話ししているからです。

 

具体例を挙げましょう。

「自己分析」こそ就活の基本。

などと言われます。自己分析が重要であることに異を唱えるものではありませんが、自己分析は単なるツールであるというのが、私のビジネス的考え方です。自己分析は成果ではなく、その結果を何のために使うのかを理解していなければ意味がありません。

また自己分析は魔法ではありませんから、ご自分の将来を間違いなく占ってくれるものでもありません。

ツールである以上、使い手の視点こそ欠かせません。

 

本書での基本知識を繰り返し説くのは、ビジネスの視点というものをまず最初に理解することがすべてのスタートだからです。

自己流=学生の視点で就活を始める人がほとんどの中、ビジネスの視点をもって、自分の感情や思い込みなどにとらわれないクールな姿勢は決定的に大切だと理解して下さい。

 

この基本姿勢が理解できれば、その先の行動はいかようにも戦略的に進めることが可能です。逆に基本理解を飛ばして、テクニックだけに走ったり、ワンポイントおトク情報のようなそれだけでは使い道のないお手軽情報に振り回されることこそ、真の最悪コスパだといえます。

 

今日の参照ページ 

p.32 自己分析の意味

 

JUGEMテーマ:就職活動


今、起きていること・・・・(p.127 さまざまな選考プロセス)

本格的冬休みに入りましたが、就活する学生の皆さんは、こうした時間が取れる時期ほど勝負です。

現在就活している学生の一部で、既に内定(内々定)が出始めています。

 

無意味に焦る必要はなく、周りでそんな話を聞いたとしても、常に「戦略思考」と念じ、情報として受け止めておきましょう。

要は一部業界(製薬関連やコンサルなど)では従来から経団連指針などを守らず、水面下で選考を早めるところがあります。

 

現在すでに大学院生(博士/修士)中心に、そうした業界を志望している学生で内々定を得た報告は来ています。

逆に、そうした業界を志望しながらまだ動きができていないようであれば、準備としては出遅れです。目指す業界によっても活動タイミングが変わることは本書でも書かれています。

 

本書「p.127 さまざまな選考プロセス」にあるように、締切りの存在は絶対です。

就活を一般論で進めないことは、戦略就活の大前提ですが、この項に書かれている注意を再度確認し、個別企業ごとに対策を立てて、進めて下さい。

 

 

今日の参照ページ 

p.127 さまざまな選考プロセス

 

 

 

JUGEMテーマ:就職活動


仕事探し、企業探しとは何をすべきか・・・・(p.34 自己分析の実際)

いよいよ冬休みを迎えますが、就活を控えた皆さんはなかなか心安らかな正月とはいかないかも知れません。ただ、当然のことながらおそらく理系学生のほとんどはそうだと思いますが、正月に営業している企業を志望している訳ではない以上、この時期にできることは限られています。
それどころかまだ「どこから手を付ければ良いやら」と動くに動けない人は少なくありません。

ぜひ正月など、ある程度まとまった休みにお勧めしたいのは「仕事探し・企業探し」です。これは就活を通じて常に行う必要があり、一度決めたら、最後まで固定されるものではありません。しかしスタートの段階で、どちらの方向に進んでよいやらわからないというのは精神的に好ましくありません。周囲のプレッシャーで勝手に焦り始めたり、本来の勝負とは別のベクトルが作用することを恐れるべきです。

そんなことにならないためにもぜひ「仕事探し・企業探し」をやってみましょう。
本書p.34にありますが「人に喜ばれる仕事」をしたい、というような仕事探し・企業探しをする学生は多くいます。しかしこれは目標になりません。具体性が無さすぎです。
人に喜ばれる「会社」や社是、社訓、経営方針などを探しても、実際の業務とつながる可能性はきわめて低く、それこそ「こんなはずでは」という後悔につながる可能性が大です。「居酒屋甲子園」という催しがありますが、文系学生が多く就く、飲食業界の人が集まって、仕事への抱負や苦労、目標などを発表し合う風景を見たことがあります。
皆出場する店長さんや店員の皆さんは「どうすればお客様に喜んでもらえるか」ばかりを追求しています。

美しいことだと思いますが、そのための「How」が無さすぎることにとても違和感を感じます。いわゆるブラック企業、やりがい搾取などと批判されることもある業界でもあり、明確なコンピテンシーとつながらない「人に喜ばれる仕事」のような漫然とした目標設定は非常に危険です。p.34は自己分析のことを語っていますが、ぜひそこで述べている「真の目標」探しについて理解して下さい。



今日の参照ページ 
p.34 自己分析の実際



JUGEMテーマ:就職活動

「就活関連イベントに出るべきか」問題・・・・(p.50 指導教員との関係)

いよいよ12月となり、就活関連のイベントやセミナーがすでに学内外で始まっていることでしょう。
私もいろいろな大学や就活情報会社のイベント、セミナーでお話しする機会がここ最近グンと増えました。

さて、理系学生の現学部3年、修士1年生は、こうしたイベントとどう付き合うべきでしょうか。
先日もあるグローバル企業の人事部の方とお話しした際、この問題を聞いてみました。

結果は「出ても出なくても良い」

え?ビックリですか?
いや、この問題はいつも言っている通り「正解」は無いのです。イベント・セミナーに出ようが出まいが、それと就活の結果が連動する訳ではありません。文系学生のガッツに引くような感じを持ったことはありませんか?

元々海外留学中の日本人学生向けに開催していたボストン・キャリア・フォーラムのようなイベントに、最近はわざわざ「留学もしていない」、日本から参加する学生が増えていると聞きます。
バカバカしい話です。

セミナーやイベントは「根性をアピールする」催しではありません。
もちろん一部の営業職などで、根性やガッツが強く求められる職務はあります。しかしボストンフォーラムにわざわざ日本から参加するような人が、そういった職務を求めているとはおよそ想像できないのです。

私が想像するに、誠意や熱意アピールに行っているのではないでしょうか?
好きな人に告白するのに、駅の前で6時間待っていた、みたいな感じ????(違うかな?)
あるいはサッカー選手になりたいのに、野球やテニスの練習をしているみたいなものでしょうか。求められているものが何だか理解できていない点で、就活にプラスどころかセンスの無さがバレるリスクがあります。だから企業の人から見れば、イベントには出ても出なくても良いが、はっきり言えば対象外の学生に来られても、本対象の学生の邪魔になるようなら困るといいたのではないでしょうか。そこまでは企業の方は言えないので言わないと思いますが。

結論から言えば、そのような誠意も熱意も、何ら採用は約束しません。
そんなことを求める企業、職務は存在しますが、そんな根性を試す仕事がしたいのでしょうか?

まして理系学生が生産や技術、研究開発などに就きたいのであれば、根性のデモンストレーションにまず意味はないといえます。
そんなことに時間とエネルギーを割くくらいであれば、どうみても日頃の勉強や研究に力を入れる方が、明らかに採用する側から見れば魅力的人材に映ります。
だから私の講座では常に、「研究こそ理系の武器」と言い続けています。

自分の将来展望や、すでに心に決めた志望先企業の話を聞くことができる、インターンシップ情報を得られる、そもそも自分の将来を考えるヒントを得に行く・・・・
そんな具体的な目標を持って参加するのであれば、こうした催しは決して損にはなりません。しかしただの根性アピールであるなら、講義や研究を休んでまで出る意味はないといえます。
一方、あまり就活を露骨にやるのは指導教員の先生から睨まれるのでは?と不安になる人もいるかも知れません。
本書p.50 指導教員との関係

ぜひ目を通しましょう。

ぜひしっかりご自分の状況を見定めて、活用して下さい。


今日の参照ページ
p.50 指導教員との関係

JUGEMテー
マ:就職活動

東北大学生命科学研究科 就職セミナー

東北大学大学院生命科学研究科 キャリアセミナー 「生命科学研究科 就職セミナー」のご案内
(東北大生限定)
 これから本格化する就活への準備、および、学生が悩む企業選び、エントリーシート(ES)/面接対策を解説します。

 講師:東北大学 増沢 隆太 特任教授
(生命科学研究科キャリア支援室 アドバイザー)
マイナビ「理系の選択」、日経カレッジカフェ「理系のための企業研究」執筆
プロフィール:
https://researchmap.jp/read0149332/

 ● 第1回 企業選びの視点
・知るべき情報(後でも良い情報)
・横に広げる情報活用
・「チョコレートの仕事」とは何か
・就活サイトの使い方

日時:2018年12月12日(水) 15:00−17:00
場所:生命科学プロジェクト総合研究棟 1階 講義室(片平キャンパス)

● 第2回 ES/面接講座
・ESで求められるもの
・面接で求められるもの
・WhyとHowで専門性を語る
・面接実践

日時:2019年1月10日(木) 15:00−17:00
場所:生命科学プロジェクト総合研究棟 1階 講義室(片平キャンパス)

 
就職活動を始めるM1やD2院生だけでなく、来年度以降に就職活動を行う予定の大学院生、学部3・4年生も歓迎いたします。また、有意義な面接対策グループディスカッションを行うためにも、生命科学研究科以外の大学院生・学部生の参加も歓迎いたしますので、お知り合いの方々にお声がけいただければ幸いです。皆様のご参加をお待ちしております。

問い合わせ先:生命科学研究科教務係
(東北大生限定)

 

 

JUGEMテーマ:就職活動


<< | 2/39PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>

理系のための戦略的就活術ブログについて

丸善出版「理系のためのキャリアデザイン 戦略的就活術」を活用し尽くすことを目指し、本の内容をさらに解説しています。本を買わなくとも参考になる情報を載せますが、本を読んだ上で参照していただくと効果10倍だと思います。 記事末にある「今日の参照ページ」は理系のためのキャリアデザイン 戦略的就活術の該当ページを示していますので、ぜひ合わせて呼んで下さい。 平成29年度(2017年4月)からは「美大芸大生」のキャリアについても解説していきます! ******************************** お問合せ、取材、講演依頼等はメールで:info@rm-london.com (株)RMロンドンパートナーズまで 学生の方の個人相談、就職相談、就職対策個人コーチは会社サイト参照。http://rm-london.com/

検索

Google

プライバシーポリシー

selected entries

categories

archives

recommend

理系のためのキャリアデザイン 戦略的就活術
理系のためのキャリアデザイン 戦略的就活術 (JUGEMレビュー »)

初の理系学生専用キャリアガイド。東工大で長年理系学生の就職支援をしてきた著者による、「就活戦略」をすべてまとめた実践ガイドブック。理系就職のすべてがわかる。

recommend

戦略思考で鍛える「コミュ力(りょく)」(祥伝社新書) (祥伝社新書 381)
戦略思考で鍛える「コミュ力(りょく)」(祥伝社新書) (祥伝社新書 381) (JUGEMレビュー »)
増沢隆太
テレビや新聞・雑誌で「コミュニケーションのプロ」と紹介される著者による、コミュ力向上のための戦略書。就活だけでなく、若手会社員の研修でも使用されている実戦書。

recommend

謝罪の作法 (ディスカヴァー携書)
謝罪の作法 (ディスカヴァー携書) (JUGEMレビュー »)
増沢隆太
就活生なら内定辞退など、コミュニケーション専門家によるビジネスの場で欠かせない交渉の要諦。

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM